メダカや金魚などを飼育する場合水替えは必要?

メダカ
賢く貯めるならモッピー。1P=1円で交換先も多数!

この記事では「水替えをしなければならないのは何故ですか?」という質問に答えていきます。

メダカや金魚などを飼育する場合水替えは必要だと言われています。

水替えがなぜ必要なのか、水替えをしないとどうなるのかを調べたので紹介していきます。

「水替えをしなければならないのは何故ですか?」

観賞用に魚を飼育したいと考えているのですが、水替えを定期的にしなければならない理由が
わからないので教えてほしいです。

水替えは必ずしなければいけないモノなのでしょうか?

水槽が大きくなれば水替えの労力のも大きくなるので、水替えをする必要がなければしたくは
ないですし、手間をできるだけかけたくないとも思っているので、水替えをしなければならな
いのは何故か知りたいです。

はじめに「水替えをしなければならないのは何故ですか?」という質問の答えを書きます。

それは「水替えをしなければ、古い水の有害物を魚が吸収して死んでしまうからです」

なぜ、水替えをしなければならないのか? 水替えの必要性や対策などを紹介していきます。

水替えをしなければならないの理由

答えに書いたように、水替えをしないと有害物質が増え、飼育している魚に悪影響を及ぼしてし
まうからです。

有害物質とは「餌の食べ残し」「魚の排泄物」が主な原因です。

この中のたんぱく質や油分、そのほかの有機物は水槽の水を汚し、水質悪化となり、プランクト
ンや魚に悪影響を及ぼすのはもちろん、見た目も悪くなり観賞の見た目そのものも悪くしてしま
います。

水替えの必要性がわかりましたが、確かに水替えは大きな労力になります。

水替えは「水質の悪化」が原因で、それを解決するために行うものなので「水質の悪化」をでき
るだけしないようにすることで、水替えの頻度を減らすことはできます。

「魚の老廃物」に関しては、減らしたりなくしたりすることが難しいので「餌の食べ残し」をで
きるだけ少なくしましょう。

魚も個体によってたくさん食べる魚やあまり食べない魚もいますし、季節・水温などの環境によ
っても餌の食いつきは変わってきます。

そのほかにもろ過フィルターを使い、水質の悪化を防いだり、水質がどれだけ悪化しているのか
測る「水質試験紙」というものもあります。

水替えによる「水質の改善」は必要ですが大量の水替えは魚にショックを与え突然死の原因にも
なりますので、注意して行うようにしましょう。

以上が水替えの必要性と対策になります。

水替えは「魚が健康に生きるために必要」な行為です。面倒な点もありますし、注意を怠れば魚
が突然死する可能性もあるので、労力を惜しまずにきちんとやりましょう。