趣味で繁殖したメダカを放流したいのですが?

メダカ
賢く貯めるならモッピー。1P=1円で交換先も多数!

この記事では「趣味で繁殖したメダカを放流したいのですが?」という質問に答えていきます。

メダカは池や小川で見られ、日本人にとっても身近な魚です。

一時期は、メダカの保護のため放流が盛んにおこなわれていましたが、放流をしてもいいのか?
問題点などを調べました。

趣味で繁殖したメダカを放流していいのか?

「趣味で繁殖したメダカを放流したいのですが?」

私は家で観賞用にメダカを繁殖させています。メダカの数が非常に増えてし待ったので放流を考
えています。

以前ニュースなどで、メダカが絶滅危惧種になってしまい、テレビでメダカの放流をしているのを見たことがあります。私もメダカの放流を考えているのですが、無断で放流していいのか、問題点などがないか教えてください。

答え

最初に「趣味で繁殖したメダカを放流したいのですが?」という質問の答えを言います。

「メダカの放流はしてはいけません」

なぜメダカは放流してはいけないのか解説していきます。

日本のメダカには「キタメダカ」と「ミナミメダカ」も2種が存在し、この2種を総称して「二ホン
メダカ」と呼ばれます。

そんな二ホンメダカは、環境省のレッドリストと言われる評価基準で絶滅危惧種VUと呼ばれるものに分類され、「絶滅の危険が増大している種」と表記されています。

質問にもある通り、メディアなどで保護活動が盛んになり放流などがたくさん行われましたが、実はメダカは生息地や水域によっても遺伝子的な違いがあることが分かりました。

そのため、家で飼っているメダカを勝手に放流してしまうと遺伝子的多様性の減少や遺伝子汚染という
問題が発生します。

ペットショップなどで購入した場合は品種改良されたメダカの場合が多く、生態系への影響が大きい為絶対に放流はしないでください。

現地で採取したメダカ同士で繁殖させた場合は、同じ地域に放流しても問題はないと思いますが、個人
の趣味で繁殖したメダカは最後まで個人の責任で家庭内で完結させるべきだと思われます。

特に、メダカに対する深い知識がない場合、実は育てていたのはメダカに似ている別種だったという可
能性もあります。

確かな情報や、責任を負えないのであれば「放流は絶対にしてはいけない」と言えます。