改良品種のヒカリメダカはどうやってつくられたのか?

改良品種メダカ
賢く貯めるならモッピー。1P=1円で交換先も多数!

我が家にもいますが、背部に特有の美しい輝きがあるメダカのことをヒカリメダカといいます。

とはいえ光らなくてもヒカリメダカというのもいるのですが・・・。

という事で、今回はヒカリメダカはどうやって作り出されたのですか?について解説していきたいと思います。

ヒカリメダカはどうやって生まれる?

ヒカリメダカ

この魚体の異常は、遺伝しやすい性質があります。

同種類であれば99%の確率で遺伝します。又、背曲がりが多いのも特徴です。

このメダカは、背中が光って見えることからヒカリメダカと命名され、新しい改良品種として固定されました。

ちなみにヒカリメダカの背中の輝きは、白いお腹の皮膚が、生まれつきの異常で背中側にも作られているために現れます。

つまり、ヒカリメダカの背中の輝きは、白いお腹の輝きだったのです。

現在ではこのヒカリメダカは人気種となったので、派生的な改良品種がたくさん作り出されています。

ヒカリメダカは生まれつき体型が違う?

ヒカリメダカ

ヒカリメダカは生まれつき体形が変わっている個体を元に作られました。

ヒカリメダカの最大の特徴は、背部に特有の美しい輝きがあることがです。

第二の特徴は、背ビレの形が普通のメダカと違って尻ビレと同じ形になっていることです。

一般に魚類では、尻ビレが生まれつき(本来の背ビレの代わりに)背中にも付いて産まれる異常個体が比較的多くいます。

つまり、本当は背ビレが付く箇所に尻ビレが付いて生まれてしまうのです。

これは、魚の卵の発生過程(細胞分裂して卵から稚魚に育ってゆく過程)の異常で起こります。

この魚体の異常は、遺伝しやすい性質があります。

同じ種類の個体であれば99%の確率で遺伝します。

そこでこのメダカは、背中が光って見えることからヒカリメダカと命名され、新しい改良品種として固定されたのです。

ちなみにヒカリメダカの背中の輝きは、白いお腹の皮膚が、生まれつきの異常で背中側にも作られているために現れるのです。

つまり、ヒカリメダカの背中の輝きは、白いお腹の輝きだったのです。

現在ではこのヒカリメダカは人気種となったので、派生的な改良品種がたくさん作り出されています。